診療案内 歯科 和田歯科クリニック
カラ
ごあいさつボタン   歯科ボタン   設備ボタン   矯正歯科ボタン   インプラントボタン   ホワイトニングボタン
カラ
矯正相談日のお知らせボタン   もっとくわしい矯正治療ボタン   歯医者さんのQ&Aボタン
カラ

一番馴染みのある治療のことで、いわゆる、虫歯の治療や、歯ぐきの治療、歯の神経の治療など、基本的でありかつ大切な治療です。

虫歯の治療


歯は右図のように、エナメル質・象牙質・歯髄・根管でできています。

虫歯の進行のしかた
虫歯がどこまで進行しているかによって、5段階に評価されます。

歯の説明図
C0 C0段階の歯の図
溝に色が付いて見えます。歯磨きをしっかりすれば、虫歯の進行を抑えられる可能性があります。
C1 C1段階の歯の図
歯の表面のエナメル質だけが虫歯になっている状態です。表面がザラついたり、シミや、黒い点ができますが、痛みはありません。虫歯の進行としてはごく初期なので、虫歯になっている部分をだけを削って、穴をつめて治療します。
C2 C2段階の歯の図
歯のエナメル質をやぶり、その下の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。
この状態になると、冷たい水や甘いものなどを食べるとしみるようになります。
また、食べ物を噛んだ時などに痛みを感じることもあります。
この段階の治療法も、虫歯になっている部分をだけを削って、穴をつめて治療します。
 治療方法
穴をつめる治療方法の図

穴をつめる治療

C1・C2段階では、虫歯になっている部分だけを削って、削ったところをつめます。
当院では、基本的に治療のあとが目立たないように歯と同じ色に見える白いプラスチックをつめます。が、どうしても力がかかってしまう場所などは、金属をつめる場合があります。
ご希望により、白いプラスチック・部分的な銀歯・審美的材料(セラミック・ゴールド)などもお選びいただけます。

 

 

C3 C3段階の歯の図

歯髄という歯の神経にまで虫歯が達し、炎症がおきます。
穴が深く、大きくなるためにいつも痛むようになります。
神経を残すことが最良の方法と考え、出来るだけ神経を抜かない努力をします。
この段階の治療法は、エナメル質・象牙質の残り方によって方法が変わってきます。
神経を抜いた場合は、歯の破損の心配があるので、噛む面を保護することが必要になります。

C4 C4段階の歯の図

虫歯が最も進行した状態です。
歯の根の部分だけが残って、歯髄は腐敗しています。このためあごの骨までやられると痛みが出たり、腫れたりします。
エナメル質・象牙質がある程度残り、歯根の永さが十分にある場合はできるだけ歯を残す努力をします。
治療法としては、根管利用をして神経のあった穴を完全に封鎖します。
歯のカタチを快復して冠をかぶせます。
歯を残すことが不可能なまでに虫歯が進行してしまった場合は、抜歯をし、差し歯や、部分入れ歯を検討します。

 治療方法
冠をかぶせる治療方法の図

冠をかぶせる治療

C3・C4段階への治療を行った場合、噛む面を保護するために、冠をかぶせます。
この場合でも当院では、基本的に治療のあとが目立たないように歯と同じ色に見える白いプラスチックでおおいます。が、どうしても力がかかってしまう場所などは、金属をつめる場合があります。ご希望により、白いプラスチック・部分的な銀歯・審美的材料(セラミック・ゴールド)などもお選びいただけます。
   

神経を抜く治療

C3・C4段階への治療で痛みがひどい場合は、患者さんとご相談の上、神経を抜くことがあります。神経を抜いた場合、治療後痛みはなくなります。

歯を残すことができなかった場合

差し歯・部分入れ歯(針金で隣の歯にひっかけるバネ式・針金を使わずに磁石の力を用いる磁石方式・半透明の素材を口蓋に吸着させて用いるバルプラスト)・インプラント(骨に人工歯根を植立)などの治療を患者さんとよく相談の上すすめていきます。

 
 
 
 
Copyright (C) 2005 Wadashika-clinic