インプラント 和田歯科クリニック
カラ
ごあいさつボタン   歯科ボタン   設備ボタン   矯正歯科ボタン   インプラントボタン   ホワイトニングボタン
カラ
矯正相談日のお知らせボタン   もっとくわしい矯正治療ボタン   歯医者さんのQ&Aボタン
カラ

インプラントとは・・・?
失った歯を補う、新しい方法です。
従来はブリッジ入れ歯が選択されてきました。しかし、ブリッジは健康な歯を削らなければならなかったり、入れ歯は口臭が気になったり、外れることが不安に思えたりという問題点も持ち合わせています。
インプラントとは、骨の中ににチタン製の人工歯根を埋め、そこに人工的な歯を作り装着するものです。
歯を失ったことによる食べ物の制限、不快感など、さまざまな不満や問題を解決し、義歯がしっかり固定されるので、入れ歯による「すべり」や「ずれ」がありません。天然の歯と区別が難しいほど自然な仕上がりで、お手入れも簡単です。
当院では、ノーベルバイオケア社のブロ−ネマルクシステム(スウェーデン製)を使用しています。

一人ひとりに最適な治療をご提案します

単独歯:歯を一本だけ失った方
先天的に歯の少ない方や事故などで歯を一本だけ失った方は、ブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がありません。インプラントは失った天然歯およびその歯根の代わりをします。

  単独歯の図

複数歯:歯を数本失った方
歯周病や虫歯などが理由で歯を失った場合、インプラントを数本埋入し、修復する方法が最適です。ブリッジや部分入れ歯のように、周りの健康な歯に支えてもらう必要はありません。

  複数歯の図

上顎または下顎の歯を完全に失った方
このインプラント治療は、もともとは歯が一本も無い方のための効果的治療法として採用されました。総入れ歯は、長期的に考えると、支柱の働きをしていた歯の根を失ったことで顎の骨が次第に縮み、最初は合っていた入れ歯も次第に緩んで使い心地が悪くなっていく場合があります。また、骨を失うことにより、顔の形に影響してくる場合もあります。インプラントでしたら、顎の骨と一体化するので、骨を丈夫にし、義歯をしっかりさせるので安心です。

  上顎または下顎の歯を完全に失った方の図

診査と治療計画

インプラント専門医が十分な診査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さんに合わせた治療をすすめていきます。

インプラント
(=人工歯根)の
埋入手術

局所麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを埋入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。

インプラント(=人工歯根)の埋入手術の図(=人工歯根)の埋入手術(=人工歯根)の埋入手術

治癒期間:
オッセオインテグレーション(骨結合)

インプラント埋入した後、歯肉で覆い、オッセオインテグレーション(インプラントと骨の結合)が得られるのを待ちます。この間は仮の義歯や仮歯をお入れします。

治療期間の図

アバットメント
連結
(歯冠の土台)
インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結します。 アパットメント連結の図
人工の歯や
義歯を作ります

歯肉の治癒後、補綴物を作るための型取りをします。
歯の形や色などを決めて、補綴物が完成したら、アバットメントに装着し固定します。

人工の歯・義歯の図

定期検診

手術後は、自然の歯と同じに清潔に保つこと、そして定期的な検査が必要になります。
定期検診は、きちんと清掃できているか、噛み合わせはどうかなどをチェックするものです。決して大がかりなものではありませんが、インプラントを長持ちさせるためにたいへん重要なことです。

ノーベルバイオケアジャパン(株)「スウェーデン生まれの世界標準インプラント」より転載
Copyright (C) 2005 Wadashika-clinic